更年期障害の治療:シール状のホルモン剤を使ったホルモン療法

40歳を過ぎた頃から、体調の不良や情緒不安定など様々な症状を感じる方が多くなります。

女性の場合、閉経が近づく事で女性ホルモンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが乱れることで起きる不調である場合が多く、この不調を「更年期障害」と呼んでいます。

症状としては自律神経失調症と同様な症状が多く、頭痛、めまい、ほてり、動悸、息切れなどから、倦怠感や憂うつ症などと言った精神的な症状まで含まれます。

更年期障害の原因は女性ホルモンの減少に有りますので、治療を行う場合はまず婦人科や更年期外来などでホルモンを調べる為に血液検査を行います。

血液検査の結果、ホルモン量が著しく減少している場合にはホルモン補充療法などの薬物治療を行う事になります。

ホルモン補充療法では、体内で不足している卵胞ホルモンと黄体ホルモンを体外から補う方法で、更年期障害のさまざまな症状を改善する事が出来ます。

また、骨粗鬆症や動脈硬化など、卵胞ホルモンが長期的に不足することで起こってしまう慢性的な症状を治療したり、予防する事も出来る為、最近注目を集めている治療法になります。

現在、ホルモン補充療法には注射、飲み薬、貼り薬(パッチ剤)、塗り薬(ジェル剤)があります。

一般的には飲み薬と貼り薬が良く使われています。貼り薬は胃や肝臓に障害のある人でも使用でき、負担の少ない治療法です。

2日おきにシール状のホルモン剤を貼って皮膚から吸収させますが、皮膚が弱い人はかぶれてしまったり痒くなる事がありますので注意が必要です。

まずは専門医と相談しながら、自分の体調や体質に合わせて無理のない治療を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事