更年期障害の治療にはプラセンタが最適!!その秘密とは!?

一般的に日本の女性は、閉経前後の10年間にかけて女性ホルモンであるエストロゲの生産能力が低下して行きます。この時期を「更年期」と呼んでいます。

更年期ではホルモンの低下によりホルモンバランスが乱れ、様々な症状を発症します。

主な症状として、動悸、血圧の変動が激しくなる、多汗、頭痛、めまい、知覚過敏、生理痛、生理不順などがあり、この様な症状を総合して「更年期障害」と言います。

「更年期障害」は症状も程度も人によって様々で、酷い場合は日常生活を送ることにも支障が出てくるのですが、他の人からは分かりにくい症状でもあり、不調を理解してくれないと悩む方も多くいます。

更年期障害の治療は症状が軽い時から早めに行う事が大切です。

更年期障害の症状の原因はホルモンバランスの乱れにあるため、まずは足りていないホルモンを補充することでバランスを整えて行きます。

病院ではホルモン補充療法などがおこなわれますが、ホルモンを直接補充する事に抵抗がある方は「プラセンタ」を服用する事をお勧めします。

「プラセンタ」とは胎盤を意味しますが、実際は胎盤から細胞分裂を促進する成長因子や他の栄養素を抽出したものです。

プラセンタは細胞を活性化させる能力があり、更年期障害の治療の他にも美肌効果や肝機能の強化なども期待でき、体の免疫力を高める効果があります。

プラセンタによる更年期障害の治療薬は1959年には保険適用の医薬品として認められており、安全で効果的な治療方法として利用されています。

プラセンタにはホルモンバランスを整える内分泌作用を持っていますので、更年期による自律神経乱れから来る様々な症状に大きな効果を発揮して、更年期障害の症状を改善して行く事が出来ます。

プラセンタは婦人科などで注射として摂取する方法とサプリメントとして服用する方法がありますが、きちんとした医師の診断のもとで使用するようにしてください。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事