更年期障害の治療:ほてりの症状を改善する為の治療方法とは!?

更年期障害とは、女性の更年期と呼ばれる時期におこるさまざまな不調の事を指します。

40代から50代にかけて、症状の個人差はありますが、誰もが経験すると言われています。

女性は性成熟期から更年期に近づくと、卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌が減少します。

このため、内分泌機能の失調に伴って自律神経の失調状態を招いてしまい、体の不調を引き起こしてしまうのです。

更年期障害は人によって症状も程度も様々ですが、主な症状として頭痛や肩こり、疲れやすい、不眠症などがあります。

さらに「ホットフラッシュ」と呼ばれる、のぼせやほてりは更年期障害の代表的な症状の一つです。急に顔が熱くなったり、汗が止まらなくなったりします。

これは自律神経の調整が上手くいかず、血管の収縮・拡張のコントロールができなくなる事が原因です。このほてりは更年期障害の治療によって軽減する事が可能です。

更年期障害の治療には、体内の足りないホルモンを補充する「ホルモン補充療法」や漢方を用いた「漢方療法」などがあります。

症状が長引いていたり、日常生活に支障が出るほど酷い場合、速やかな改善を見込まれる治療方法は「ホルモン補充療法」になります。

「ホルモン補充療法」には経口剤(飲み薬)と経皮剤(塗り薬、貼り薬)があります。また、投薬による治療と並行して日常生活の中で症状を緩和する事も可能です。

まずは規則正しい生活を送り、ビタミンEやエストロゲンと同じような作用のある食べ物を積極的に取り入れましょう。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすると言われていますので、豆腐や味噌汁、納豆などを毎日食べると良いでしょう。

日常生活のストレスは自律神経を乱してしまう為、できるだけストレスの無い生活環境を作るよう改善して行く事も大切です。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事