更年期障害の治療は体に負担の少ない漢方薬がオススメ!?

女性は40代後半から50代にかけて、成熟期から老年期に移る時期を更年期と呼んでいます。

この時期は卵巣機能が低下しますので、女性ホルモンの分泌が減っていきます。

女性ホルモンの減少によってホルモンのバランスが乱れ、それにより様々な不調を感じることが多くなります。これを更年期障害といい、人それぞれに症状が違います。

更年期障害の症状の多くはほてりや発汗、のぼせと言ったホットフラッシュや、頭痛、腰痛などの身体的な症状と、イライラ感、倦怠感などと言った精神的な症状があります。

この様な症状は程度もさまざまで、ほとんど感じない人と日常生活が困難になるような酷い人までいます。

ちょっとした症状でも悪化する事がありますので、早めの治療が大切です。

更年期障害の治療は足りていないホルモンを補充する事が主になりますが、ホルモン剤の治療に不安がある方は漢方での治療をお勧めします。

ほてりや腰痛が気になる方は、腎機能の血を作り出す機能や、体液を保持する働きが低下している事が多く、この様なタイプの方は「六味丸(ろくみじおうがん)」や「知柏地黄丸(ちばくじおうがん)」が効果的です。

また、足や腰の冷えが気になる方は腎機能のカラダを温める機能が低下している状態ですので、「八味丸(はちみがん)」や「牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)」がおススメです。

他にも更年期障害の症状に応じて様々な漢方があり、それらの漢方を複合して飲む事で症状が緩和します。

近くの漢方を取り扱っている薬局などで自分の症状をしっかりと相談して、効果の高い漢方を処方してもらうと良いでしょう。

漢方は体へ負担が少ない更年期障害の治療法として多くの人に選ばれています。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事