更年期障害の治療:市販薬で治療することはできるの!?

更年期障害と言う言葉をご存知ですか?

今、テレビのCMなどでもよく聞くようになった言葉では有りますが、具体的に知っている方は少ないのではないでしょうか?

女性の閉経の前後10年間の期間、女性ホルモンが低下する更年期と呼ばれる時期があります。

この更年期の時期に起こるさまざまな不調の事を更年期障害と言います。

更年期障害は人によって症状も程度も違っており、自分の不調が更年期障害で有ると気付かない人も多くいます。

更年期障害の主な症状は、のぼせやほてり、多汗、発汗などから冷え症、腰痛、頭痛、耳鳴りまであり、それらが複合する場合も少なく有りません。

また、イライラしたり、夜眠れなかったりと精神的な症状もあり、辛く苦しい時期を長く過ごす事も多いのです。

これらの症状を緩和するためには、自分が更年期障害である事を自覚し、適切な治療を行う事が大切です。

更年期障害の原因は女性ホルモンの低下によるホルモンバランスの崩れにあるため、婦人科などでホルモン量の検査を行い、足りていないホルモンを補充すると言った治療が主流です。

しかし、病院に行くほど症状がひどく無い場合は、一度市販薬を服用して様子を見ても良いでしょう。

更年期障害の市販薬としてよく知られているのは「命の母A」と「ルビーナ」です。

これらの市販薬は漢方に由来したもので、血のめぐりなどを良くして自律神経の働きを整える効果があります。

それほど高価な薬では有りませんので、ほてりやのぼせ、動悸、息切れなどを感じた時に試しに服用してみると良いでしょう。

これらの市販薬で改善が見られない場合は、更年期障害以外の病気が潜んでいたりする場合もありますので、病院で検査を受けられる事をお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事