更年期障害の治療!食事・食べ物で症状を改善しよう!!

日本人の女性の平均閉経年齢は51歳と言われています。この前後10年間が一般的な更年期と考えられています。

この更年期の時期に入ると、女性は卵巣の機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンの量が減り始めます。

女性ホルモンと自律神経は深く影響しているため、エストロゲンが減少することによって、ホルモンバランスが乱れ、自律神経の働きも崩れてしまいます。

また、更年期の女性は生活環境などが変わる事も多く、そのストレスなども影響すると言われています。

更年期の時期に起こる、自律神経の失調を原因としたのぼせやほてり、不眠、イライラと言った症状を更年期障害と呼んでいます。

ホルモンの分泌が上手く行かない事によって引き起こされる更年期障害。

食生活はホルモンの分泌に深く関係すると言われており、食習慣を改善して行く事によって更年期障害の症状をコントロールし、体調を良くする事ができます。

食品の成分の中で減少するエストロゲンと同じような働きを持つ大豆イソフラボンがあります。

この大豆イソフラボンはその名の通り大豆に多く含まれており、大豆製品や豆腐、味噌などを食べることによって摂取する事が可能です。

また、大豆には良質なたんぱく質も多く更年期障害の症状であるのぼせやほてりを鎮める効果があると言われています。

しかし、摂り過ぎは体に良くないため、1日豆腐半丁から1丁、納豆なら1パックから2パックまでが適量です。

野菜やフルーツには食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。また、エストロゲンのように働く「フィトエストロゲン」が含まれている為、毎日の食事に野菜を多く摂る事をお勧めします。

キャベツにはミネラルの一種である「ボロン」が多く含まれており、このボロンがエストロゲンの分泌を活性化する事が知られています。

まずは規則正しく食事を摂り、豆腐や納豆など良質なたんぱく質と野菜を中心とした食事を心がけましょう。

食生活や生活習慣を見直す事で、上手に体調をコントロールする事が出来るでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事