男性の更年期障害の治療について-イライラ感・勃起不全改善方法は?

更年期障害は女性特有の病気と思われていますが、実は男性でも更年期障害が発症する事が明らかになっています。

男性の更年期障害は女性の閉経のようなはっきりとした原因があるわけではなく、症状にも個人差があるため、発見が遅くなる傾向にあります。

男性の更年期障害は加齢によって男性ホルモンが低下することで発症します。

さらに仕事上のストレスや肥満、運動不足なども間接的な要因と言われています。

発症の時期はおおむね40代後半から50代前半にかけて多いのですが、たとえ30代であっても男性ホルモンが減少すれば更年期障害と同じ症状が発症します。

男性更年期障害は生理的な不調の他に、心身症てきな不調も発症します。

主な症状として、不安感、焦り、イライラ感などの精神的な症状やのぼせやほてり、発汗や頭痛、腰痛などの症状も発症します。

男性更年期障害の症状が発症した場合、何科を受診すればよいのか分からない人も多いようです。

男性の更年期外来が設置してある病院はまだ少なく、発症した症状によって受診する科が分かれます。

倦怠感やイライラ感などを感じた場合は、心療内科や内科をまず受診します。

そこで検査を行い改善されない場合は神経精神科などを受診しましょう。

他にも、尿の勢いが低下したり、勃起不全などの症状が現れた場合は泌尿器科を受診してください。

まずは少しでも男性更年期障害かもと感じた場合は、迷わず病院に行き、検査を受けることが大切です。また、日常生活においてもストレスを溜めず、正しい食生活を送る事で症状が緩和して行きます。

自覚症状を感じても、まずは焦らず、落ち込まず、前向きに生活して行くことで乗り切っていきましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事