若年性更年期障害の治療:早期閉経・卵巣機能の低下に注意!!

更年期障害とは50歳前後に起こる体の様々な不調の事を言います。

この時期の女性は閉経が近づく事で卵巣の機能が低下して女性ホルモンが減少します。その為、ホルモンのバランスが崩れ更年期障害と呼ばれる症状が発症します。

更年期障害の主な症状は、ほてりやのぼせ、発汗、手足の冷えから、イライラ感や倦怠感、不眠症などがあります。

ところが最近は20代や30代の女性の中で、月経不順になったり月経が来なく無なる事で、更年期障害と同じような症状に悩む方が増えてきました。これを総称して「若年性更年期障害」と言う言葉が生まれています。

若年性更年期障害の原因は精神的、肉体的ストレスと言われています。

仕事や子育てなどで最近は若い女性でも多くのストレスを抱えています。

女性の体は大変デリケートなので、ストレスによって女性ホルモンの分泌が乱れ、自律神経の働きも混乱します。その為更年期障害と同じような症状を発症するのです。

まずは自分の症状が若年性更年期障害であるかどうかを専門の病院で検査をする必要があります。

そこで若年性更年期障害と診断された場合、原因が無月経なのか、早発閉経なのかストレスの為に月経が止まっているだけなのかを調べることで治療法が違ってきます。

早発閉経と診断された場合は、卵巣の機能が低下してホルモンを作り出す事が出来ない為、体外からホルモンを補充するホルモン補充療法が効果的です。

しかし、ストレスの為に月経が止まっていたり、ホルモンのバランスが崩れている場合は、まず生活習慣を見直し仕事や人間関係のストレスを改善する事が必要です。

趣味を楽しんだり、友人と話す機会を増やすなどでストレスを溜めこまないようにしましょう。

ストレスを解消することで乱れていたホルモンのバランスが整えられ、若年性更年期障害の症状が改善されるでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事