更年期障害の治療方法に関するアドバイス!食事・薬・病院治療

日本人の女性の更年期は45歳から55歳と言われています。

この更年期の時期に起こりやすくなるさまざまな症状を更年期障害と呼び、その症状の出方や時期には個人差があります。

更年期障害になったとしても、ほとんど自覚症状が無い方もいますし、逆に長年強い症状に苦しむ人も多くいます。

更年期障害を引き起こす原因は女性ホルモンの成分であるエストロゲンの減少と言われています。

女性の卵巣は35歳をピークに徐々に老化して行きます。その為、更年期に入る前の段階ですでにエストロゲンの分泌量が激減しており、ホルモンのバランスが崩れてしまうのです。

ホルモンバランスが崩れることで自律神経にも乱れが起き、心身ともに様々な症状が発症するのです。

更年期障害による症状を治療するには、更年期障害の原因であるホルモンのバランスを整えることが必要です。ホルモンのバランスを整えるには、食生活の改善や薬による治療などがあります。

まずはすぐに実行できる治療として、食生活の改善に取り組みましょう。エストロゲンが減少する事によってカルシウムが不足しますので、積極的にカルシウムを摂取しましょう。

また、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを摂取するのも効果的です。イソフラボンは大豆製品に多く含まれている為、豆腐や納豆などを毎日食べるようにしましょう。

また、薬による治療法として、足りないホルモンを補充するホルモン補充療法や漢方療法などがあります。

薬を服用するにはまずは産婦人科などで更年期障害であるかどうかの検査を行い、自分の症状に応じた薬を処方してもらう必要があります。

ホルモン補充療法は即効性も高く効果がありますが、副作用の心配があったり、体質的に合わない方もいますので注意が必要です。

漢方療法の場合、症状に合った漢方を服用する事で症状を緩和する事が出来ますが、即効性は期待できません。

医師と相談しながら自分に合った治療法で更年期障害を改善する事をお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事