更年期障害の治療:薬での治療 市販薬は副作用がでにくい?

更年期障害は、大体40代後半から50代くらいの更年期と呼ばれる時期に起こるさまざまな不調の事を言います。

更年期障害は女性の60%から70%に現れるといわれており、症状も期間も個人差があります。

更年期障害の原因は閉経が近づく事による、女性ホルモンの減少に有ります。女性ホルモンが不足する事によってホルモンのバランスが崩れ、自律神経が乱れて様々な不調をもたらすのです。

更年期障害の症状で多ものとしては、頭痛やめまい、動悸やほてりと言った身体的な症状から、倦怠感、憂うつ症、不眠症など精神的な症状も見られます。

更年期障害の治療には、婦人科などで検査を行い体内のホルモン量を調べることから始まります。

ホルモンの量が著しく減っている場合はホルモン補充療法など、体外からホルモンを足りないホルモンを補充する必要があります。

しかし、ホルモン補充療法は副作用が心配されるため服用をためらう方も少なく有りません。

そう言う方には漢方薬などを利用して自分の更年期障害の症状にあった薬を服用することで症状が緩和する事があります。

また、市販されている更年期障害の薬があります。市販薬は漢方やビタミンを主として配合されており、副作用が出にくいのが特徴です。

症状が軽い場合やホルモン療法に不安のある方はまず市販薬を試してみても良いでしょう。

他にも精神的な症状が強い場合は向神経剤や自律神経調整剤、ビタミンEなどを服用して様子を見る場合も有ります。

更年期障害は症状も人によって様々であるため、治療法も症状のあわせることが大切です。

少しでも辛い症状が緩和するよう、きちんとした検査を行い自分に合った治療法を医師と相談して薬を決めることが必要だと言えます。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事