更年期障害の治療:便秘改善に関する改善アドバイス

女性は閉経が近づくにつれ、何かと体や心に不調を感じることが多くなります。

40代から50代の閉経前後10年間は女性ホルモンが減少する事で、ホルモンのバランスが崩れ様々な症状を発症します。これを更年期障害と言います。

更年期障害は女性であればほとんどの人が何らかの症状を発症し、日常生活に支障が出るほど症状がひどくなる人も少なく有りません。

更年期障害の症状にはのぼせやほてりと言った血行が関係する症状や、腰痛、肩こり、頭痛などといった筋肉や関節に係る症状等があります。また、消化器系の症状も多く、腹痛や便秘、胃痛なども多く見られます。

特に女性は日頃から便秘がちの方が多く、更年期の時期には酷い便秘で悩まされる方もいます。

更年期障害の治療として一般的にはホルモン補充療法と漢方療法があります。

体外から足りないホルモンを補充するホルモン補充療法は副作用もあり、体に合わない方もいます。

漢方療法は自分の症状にあった漢方を服用する事によって、徐々に症状を緩和させていきます。

まずは不調を感じたら専門医を受診し、自分の症状や体質にあった治療方法を実施して改善するかどうか様子を見て見ましょう。

また、生活習慣を見直すことでストレスが緩和し、症状が軽くなる場合も有ります。

もし、胃腸の調子が悪かったり便秘がちである場合、食物繊維や乳酸菌を積極的に摂るように心がけ、漢方などで体内の環境を整えることが大切です。

また、毎日適度な運動をおこない、睡眠時間をしっかりと確保することで胃腸の調子がよくなり、便秘も解消されます。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事