更年期障害の治療:副作用について詳しく解説!出血なども…

更年期障害とは、閉経の前後10年間である40代から50代にかけて、女性に起こるさまざまな症状の事を言います。

閉経が近づくと、卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの成分であるエストロゲンが欠乏し、ホルモンのバランスを崩してしまいその事によって心身共にさまざまな不調が現れます。

更年期障害の症状は自律神経失調症の症状と同じで、血圧が激しく上下して、動悸がしたり、脈が速くなったりします。

また、のぼせやほてり、多汗や発汗、頭痛やめまい、耳鳴りなど人によっても様々です。また、イライラ感や疲労感、不眠など精神的な症状も発症し、それらの症状が複合して現れる場合も少なく有りません。

更年期障害の治療法は体内で足りていないエストロゲンを体外から補充する「ホルモン補充療法」が一般的です。閉経前後で少なくなっているエストロゲンを飲み薬や貼り薬で補充します。

しかし、このホルモン補充療法は生理のような出血があったり、筋腫が大きくなるなどの副作用も知られています。

これらホルモン剤の量によって加減ができるため、不調を感じたら医師と相談し薬を減らしたり、一旦止めたりする事で改善します。

また、乳房に張りや痛みを感じたり、乳がんになりやすいなどと言った、乳腺に関係する副作用も有ります。

乳房に張りや痛みを感じた場合はすぐに医師に相談し、検査を行いましょう。

多くは乳房繊維腺腫と言うもので、良性の腫瘍で癌になることは無いとされています。また、乳がんになりやすいとは言っても、それほど心配する事はなく定期的に乳がん検診を受けるなどすることで、安心してホルモン補充療法を継続する事が出来ます。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事