更年期障害の治療:病院での治療に関するアドバイス

女性は40代後半から50代に差し掛かると、更年期障害に悩まされることが多くなります。

この時期の女性は生理不順などに陥ったり、精神的に不安定になりがちです。

更年期障害の典型的な症状としては、情緒不安定や憂うつ症、不眠など精神的な要素も大きく現れる他、のぼせやほてり、動悸、息切れ、腹痛や微熱など、身体的な影響も出てきます。

これらの症状は人によっても様々で、複合して発症する場合も有ります。

この時期に体が不調であると気付いたら、なるべく早く専門の病院に行って検査をする事をお勧めします。

一般的には婦人科を受診する事が多いのですが、最近は更年期外来など更年期専門の外来を設置している病院も多くなりましたので、近くの総合病院などを調べて見ると良いでしょう。

まず病院では血液検査を行い、血液中のホルモンの量を調べることから始まります。

また、現在の症状などを問診にてヒアリングを行ったり、生活環境やストレスの具合まで詳しく話をする必要があります。

問診の結果と血中のホルモン量の測定によって、現在現れている症状が更年期障害なのか、それ以外の病気なのかを判断して行きます。

専門医によるしっかりとした診断の結果、更年期障害である事が確認されたら、更年期障害の治療を始め、体や心の不調の改善を目指していきます。

更年期障害の治療法としては、足りないホルモンを補充するホルモン補充療法と漢方を用いて症状を緩和する漢方療法があります。

ホルモン補充療法は足りていないホルモンを補充するため効果は高いのですが、体の弱い方や副作用などを気にする方には向きません。漢方療法は体質改善を目的に服用するためすぐには効果が出ませんが、緩やかに症状が緩和して行きます。

まずは、病院でしっかりと検査を行い医師と相談しながら自分にあった治療を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事