更年期障害はサプリメントで治療できる!?

女性が閉経を迎える50歳の前後10年間を「更年期」と呼んでいます。この時期は卵巣の機能が低下しはじめ、女性ホルモンの成分である「エストロゲン」の分泌が減少します。

エストロゲンの減少に伴って、ホルモンのバランスが崩れ、自律神経にまで影響を及ぼし、心身共に何らかの不調を感じることが多くなります。この不調を「更年期障害」と言います。

「更年期障害」の主な症状はのぼせやほてりと言ったホットフラッシュから、動悸、息切れ、耳鳴りなど人によって様々です。またイライラ感や不安感、不眠など精神的な不調を訴える方も少なく有りません。

この様な更年期障害の症状は他人には理解されにくく、一見すると怠けているように見られる場合があります。その為、理解されない事にストレスを感じ更に更年期障害の症状が悪化すると言った悪循環に陥りやすいのです。

更年期障害の治療は症状によって変わってきますがまだ症状が軽く、なんとなく具合が良くないなと感じる程度であれば、まずはサプリメントなどで足りない成分を補う事をお勧めします。

更年期障害に効果的なサプリメントとして、「イソラコン」や「白井田七」があります。

「イソラコン」はエストロゲンに近い成分を持つ「アグリコン型のイソフラボン」を配合しており、病院でホルモンの治療を行うのではなく食べ物で体質改善をしていく事ができるサプリです。

「白井田七」は田七人参を主成分としており、ホルモンのバランスを整える為に必要な、血行を良くする為のサポニンや鉄分、ビタミンB1やビタミンB2を多く含んでいます。このサプリメントは体を基から健康にする事ができる、一押しのサプリメントです。

まずはサプリメントを使ってみて、症状が緩和するかどうかを確かめてみてください。サプリメントを使っても症状が改善しない場合は、婦人科などで検査を行い不調の原因を特定するようにしましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事