若年性更年期障害の人との接し方アドバイス!大切なことは…

更年期とは文字通り、歳を重ねていく事で発症する年配の方特有の障害といったイメージがあります。

しかし、20代や30代のうちから、更年期の方と同じような症状に悩む人も少なく有りません。

このように、若い人でも発症する更年期と同じような症状を「若年性更年期障害」と言います。

若年者の更年期障害と言う、言葉上では矛盾している病名のため「そんなものあるの?」と信じられない方も多いようですが、意外と発症する方は多く婦人科などへの受診者も増えています。

若年性更年期障害は更年期と同じように、のぼせや多汗、冷えや肩こりなどと言った症状からイライラ感や疲労感、不安感など精神的な症状も有ります。

この様な症状は普段でも起こり得る症状でもあることから、大きな病気とは捉われず、ただ調子が悪いだけと思い病院などに行く事を怠る場合も少なく有りません。

しかし、普段よりはやはり調子が悪いためストレスがたまり、その事によって更にイライラ感が増すといった悪循環に陥るのです。

若年性更年期障害の原因は過度なストレスや急激なダイエット、不規則な生活によるホルモンバランスの乱れによるものがほとんどです。

ダイエットによって卵巣機能が低下し、ホルモンの分泌が上手くいかなくなってしまったり、卵巣機能は正常なのにストレスが大きくホルモンのバランスが崩れる事があります。

若い方は自分が若年性更年期障害である事を知らずに過ごしている場合が多いため、周りの人の方が何かおかしいとか、イライラしているなと感じる事があります。

家族や友人など、若年性更年期障害かもと思われる人が近くに居る場合その人の、のぼせやほてりに合わせて冷房を入れ過ぎてしまったり、八つ当たりを感じる事も少なく有りません。

そのような場合、早めに本人に自覚してもらう事が大切なのですが、直接更年期かもとは言いづらい事もあるので病院への受診を何気なく促したり、イライラ感を増やさないようその人の趣味に付き合ったり、スポーツや映画、音楽鑑賞などリラックスできる状況を作ってあげることで、症状が緩和するでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事