若年性更年期障害の症状-発汗・多汗 原因対策改善アドバイス

最近、若い女性のなかで月経が不規則になって、ほてりや頭痛などいろいろな症状が出てきて、更年期障害が始まったかも?と心配する方が増えています。

更年期とは平均45歳から55歳ぐらいの間の時期を呼び、この時期の女性は加齢によって卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌も減少します。

その事により脳からは女性ホルモンの分泌を促す指令が卵巣に届きます。

ですが、卵巣には女性ホルモンを分泌させる能力はなくなっているので、このアンバランスから自律神経の働きも乱れてしまい、更年期障害が起こってしまうのです。

しかし、20代、30代の女性でも月経が不順になったり、無くなったりすることで更年期障害と同じ症状を発症してしまいます。

他にも卵巣機能は正常であるのに、ストレスや過度なダイエットによってホルモンバランスが乱れてしまう事で起こる場合も有ります。

この様な若い世代で発症する更年期障害を「若年性更年期障害」と呼んでいます。

若年性更年期障害の主な症状には、ほてりやのぼせ、発汗・多汗などと言う「ホットフラッシュ」があります。

特に汗に係る症状は人に見られると恥ずかしい思いをする場合も多く日常生活にも影響が出ます。

汗を止めようと思う事で更にストレスがかかり、ますます汗がひかなくなります。

このような場合、無理に汗を止めようと思うのではなく、汗をかいても大丈夫なようにデオドラントシートを持ち歩いたり、ハンドタオルや簡単な着替えを準備しておくと良いでしょう。

汗の原因は更年期障害にありますので、ホルモンバランスを改善することで汗もかきにくくなります。まずは日常生活を見直し、規則正しい生活を送りながらストレスを貯め無い事が大切です。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事