若年性更年期障害の改善には漢方が効果的!?自分に合ったものを

最近、20代や30代の女性で更年期障害と同じような症状が現れる「若年性更年期障害」が認知されています。

更年期障害は一般的に、更年期と呼ばれる40代から50代の女性に生じる、さまざまな心身の不調の事を言います。

更年期障害の主な原因は加齢よる閉経に伴う女性ホルモンの減少です。

しかし、若年性更年期障害は現代病と言えるもので、若い人ならではの生活習慣の乱れが主な原因で、ホルモンバランスを崩して発症しているケースが多いのです。

若い女性のなかで月経が不規則になり、ほてりや頭痛、イライラ感など様々な症状が出てきた場合、若年性更年期障害と考えて良いでしょう。

若年性更年期障害は「卵巣機能低下症」や「早発卵巣不全」と呼ばれる病気である事があります。

いろいろな要因によってホルモンの分泌量が若い時期に減少し、卵巣の働きが低下する状態を言います。

このような病気である場合は婦人科などでしっかりとした検査を行い、適切な治療を行う事が大切です。

症状が軽度な場合は日常の生活習慣を改善する事で症状を緩和する事も可能です。1日の生活のリズムを整えたり、バランスの良い食事をしたり、適度な運動を行うなどが効果的です。

また、すぐに生活改善が難しい場合は漢方などを用いて症状を緩和する事が出来ます。

漢方薬を服用する事によって、血行を良くし冷えやむくみなどを改善します。また、イライラ感や不安感なども解消出来る事も知られています。

自分の症状に合わせて適切に処方された漢方を服用するようにしましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事