若年性更年期障害の治療方法とは!?-ホルモンバランスの乱れを改善

一般的に更年期障害とは、閉経前後の10年程度の期間に女性ホルモン中のエストロゲンが減少する事で身体的または精神的な不調を感じる事を言います。

しかし、近年20代や30代の閉経には、まだ期間のあるような若い世代で更年期障害と同じような症状に悩まされている人が増えてきています。

この様に若い世代で発症する更年期書障害を「若年性更年期障害」と呼んでいます。

若年性更年期障害を引き起こす原因の多くは、過度なストレスや急激なダイエット、また不規則な生活と食生活の乱れによってホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れてしまう事にあります。

若年性更年期障害でホルモンのバランスが崩れている場合、卵巣そのものの動きが低下してしまっている場合と、卵巣の働きは正常なのにホルモンのバランスだけが乱れてしまっている場合があります。

しかし、若年性更年期障害の場合、通常の更年期とは違い生活習慣や体質改善を行うことでホルモンバランスが崩れている原因が改善されれば、体調も良くなり卵巣の機能も正常に戻ります。

卵巣機能の低下が著しい場合は、生活改善と共にホルモンのバランスを調整するために、ホルモンを補充するホルモン補充療法や漢方などで体質改善を行う漢方療法などを行う場合も有ります。

若い女性において、卵巣機能の低下による若年性更年期障害は不妊の原因にもなりますし、これから先の生活にも支障が出てしまいます。

体に不調を感じたら、放置することなく早めに婦人科を受診し、原因を特定して真剣に治療に取り組むようにしましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事