若年性更年期障害の検査・検査方法&治療改善アドバイス

女性の社会進出が多くなっている現在、女性も仕事の責任を抱え、残業、休日出勤などで精神的にも肉体的にもストレスをため込むようになっています。

女性の体はデリケートであり、さまざまなストレスによって自律神経の働きに乱れが生じホルモンのバランスも崩れてしまいます。

この様な事が原因で心身共に色々な症状が出てきます。この様に若い人でも感じる症状を若年性更年期障害と呼んでいます。

若年性更年期障害の大きな原因は女性ホルモンである「エストロゲン」の欠乏や分泌不足にあります。

ストレスだけではなく、過度なダイエットによって短期間で体重が激減した場合や、激しい運動によって肉体的にストレスを感じた場合などでも月経が止まってしまい、女性ホルモンの分泌が出来ず更年期と同じような症状が発症してしまうのです。

若年性更年期障害の症状は更年期障害と同じで、ほてりや発汗、冷え性などからイライラ感、疲労感、不眠など精神的な症状も多くみられます。

その事が原因で日常生活に支障が出るほど辛い場合も少なくなく、出来るだけ早く原因を特定し適切な治療を行う事が大切です。

まずは体や精神の不調を継続的に感じた場合、そのままにして置かずきちんと婦人科などで検査を行う事が大切です。

若年性更年期障害の主な検査内容は、ホルモンの分泌を調べる血液検査(ホルモン検査)です。

一度の検査だけでは正しい結果が得られない可能性も有りますので、数回検査を行う場合も有ります。

この血液検査によって血液中のエストロゲンや脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンの量を測る事が出来ます。

血液中のホルモン量によって自分の症状が判断出来、症状に応じた適切な治療を早めに始める事が今後の更年期障害に備える意味でも大切になります。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事