若年性更年期障害の対策アドバイス!基本は栄養バランス

「更年期障害」と聞くと40代から50代の年配の女性がなるものだと思っている方も多いと思います。しかし、20代や30代の若い女性でも「若年性更年期障害」と言われる更年期障害と同じような症状を感じている方も少なく有りません。

若いから大丈夫と思うのではなく、今のうちから更年期障害について正しい知識を身につけ対策を覚えておく事が大切です。

まず、一般的な更年期障害とは40代後半から50代にかけて、更年期と呼ばれる期間に女性ホルモンの低下によって身体的・精神的に起こる症状を言います。更年期障害の症状は人によって様々で程度も違います。そして女性全員が必ず更年期障害になるとは限りません。

更年期障害の主な症状はのぼせやほてり、冷え性や多汗などからイライラ感、倦怠感などがあります。若年性更年期障害も同じような症状が出ますが、本人が気付かないような不調も多く、自分が更年期障害であると言う自覚が無い人が多くいます。

本来、更年期障害は加齢によって卵巣の機能が低下する事でホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れることで症状が発症します。若年性更年期障害の場合、過度なストレスや急激なダイエットによってホルモンのバランスが崩れることが原因で引き起こされます。

若年性更年期障害にならないようにする為には日常の生活習慣を見直す事が大切です。

まずはストレスを溜めないように自分の好きな事をして発散するのも良いでしょう。適度な息抜きも必要です。

また食生活においては女性ホルモンと同じような成分であるイソフラボンを積極的に摂取するようにしましょう。イソフラボンは大豆に多く含まれており、朝食に納豆や豆腐を食べるのも効果的です。

また、早いうちからサプリメントなどで足りていない栄養素を補充し、更年期の症状が発症しないように対策をする事も有効です。ビタミンB6やビタミンEなど積極的に補うようにしましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事