若年性更年期障害女性の症状と特徴 対策改善アドバイス

仕事社会である現代、女性であっても責任のある仕事を任され、毎日の激務でストレスを溜めている人も少なく有りません。

女性の不調は月経不順であったり、月経痛がひどいなどと言った婦人科系の症状が多く、そのままにしておくと不妊症になったり、無月経になるなど深刻な症状になる可能性も有ります。

今、20代や30代の若い女性において、イライラするとかのぼせて汗をかくと言った症状を訴える人が増えています。

これは40代や50代の閉経前後の女性に多く見られる「更年期症障害」と同じ症状です。

私はまだ若いから大丈夫と思っていても「若年性更年期障害」と言われる、若い年代でも更年期と同じ症状を発症する事が知られています。

そもそも更年期障害とは加齢によって卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減少した事によってバランスが崩れ、自律神経にも乱れが出てくる事で心身共にさまざまな不調が出てくる事を言います。

月経が不規則になり閉経するまでの前後10年間を更年期と呼んでいます。

しかし、若年性更年期障害の原因は仕事のストレスやダイエット、不規則な生活によって卵巣機能が低下し、更年期と同じような症状が出ることにあります。

現代の女性は男性と同じような仕事する事で、過度なストレスを感じたりおしゃれを楽しむために無理なダイエットをする事で若くても更年期障害を発症してしまうのです。

自分の体の不調を感じたら、まずは婦人科できちんとした検査を受け、不調の原因を調べる事が大切です。

自分が更年期障害であることが分かったら、生活習慣を見直しストレスを溜めこまないように適度に息抜きをしたり、毎日きちんとした食生活を送る事で改善する事が可能です。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事