若年性更年期障害男性の症状と特徴 対策改善アドバイス

女性特有と思われている「更年期障害」。実は男性にも同じような症状を発症する事が知られています。

また年配の男性だけではなく、20代や30代と言った若い世代でも更年期障害と同じような症状が起こる「若年性更年期障害」も最近では認知されるようになりました。

男性の若年性更年期障害は卵巣機能の低下と言うはっきりとした原因があるわけでもないため、ただの不調として片づけられる事も少なく有りません。

男性の場合は男性ホルモンの分泌量が低下することで女性と同じような症状を発症します。

男性ホルモン減少の原因は、過度なストレスや生活習慣が大きく影響しており、喫煙や激しい運動などでもホルモンのバランスが崩れます。

また、仕事や家庭において、生真面目で責任感の強い人がストレスを多く感じ発症しやすいと言われています。

男性ホルモンは睾丸と副腎の2か所で分泌されている為、ホルモンの分泌量の低下も女性と比べると穏やかで症状が出にくいと言われています。

しかし常にイライラしたり夜眠れなかったり、EDや性欲低下、頻尿など、人によって症状は様々で、なにかしら今までとは違う体の不調を感じている人も少なく有りません。

男性で自分は若年性更年期障害かも?と感じた場合、泌尿器科を受診する事になります。

医療機関によっては男性更年期専門外来という専門科を設置している所も有りますが、まだまだ全国的に広がっていませんので、大抵の場合は泌尿器科で検査をします。

また、精神的な要因が大きい場合は泌尿器科と併せて心療内科などを受診し、ストレスの原因などを取り除く治療が行われます。

男性の若年性更年期障害もストレスなどが主な原因となりますので、まずはストレスを溜めない事が大切です。

仕事も部下や上司と協力し、一人で抱え込まないようにしましょう。また、なるべく早めに家に帰り決まった時間に食事を取り、早めに就寝するなどして、規則正しい生活を送るようにしてください。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事