若年性更年期障害の改善と対策について

若年性更年期障害と言う言葉をご存知ですか?

若年性更年期障害とは、通常であれば加齢によって生じる更年期の不調が、ストレスやダイエット、不規則な生活が原因となって20代、30代の女性でも出る事です。

女性は年齢が進むことによって卵巣も老化し機能が低下します。

卵巣機能の低下によって女性ホルモンの分泌も減少してしまい、その事が原因で自律神経も乱れてしまい、体や心にさまざまな障害を感じてしまいます。これが更年期障害なのです。

若い女性に見られる若年性更年期障害の症状は通常の更年期障害と同様にのぼせやほてり、発汗や多汗と言ったものから、イライラ感、疲労感なども含まれます。

体は若いからと言ってもこの様な症状が持続的に発症すると日常生活にも支障が出てしまいます。まずはしっかりと原因を見極める事が大切です。

自分の若年性更年期障害は早発閉経なのか、卵巣機能の低下やホルモンバランスの乱れが原因なのかを確かめましょう。

これは婦人科などの血液検査で調べる事が出来ます。

早発閉経やホルモン量の異常であれば通常の更年期障害と同じようにホルモンを補充する事で改善されます。

ホルモンの量には問題が無い場合は、ホルモンの分泌が順調でない場合がありますので、自分の生活を見直してホルモンバランスの改善を行いましょう。

仕事や人間関係のストレス、極端なダイエットや睡眠不足など思い当たることがあれば、まずはこれらを改善する事が必要です。

健康的な食生活やストレスをためないよう、趣味など楽しみを持つ事も大切です。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事