若年性更年期障害は治るの!?

若年性更年期障害と言う言葉を最近よく耳にします。

若年性更年期障害とはその名前の通り、一般的に40代から50代にかけて更年期と呼ばれる期間や閉経前後の年齢に当たる女性ではなく、20代や30代と言った若い世代の女性が更年期障害と同じような症状を発症する病気です。

若い女性は自分が更年期障害だと気付かない場合が多く、なんとなく体や心の不調を感じながらも病院などには行かず、そのまま放置してしまい、そのうち月経が止まったり、不妊症になってしまったりと様々な弊害を引き推す可能性があります。

若年性更年期障害の症状は更年期障害と同じように顔がほてったり、暑くもないのに汗を沢山かいたりと、いつもの自分とは明らかに違う不調を感じます。

また精神的にもイライラしたり不安感が大きくなったりしますので、仕事など日常生活にも支障をきたす場合も有ります。

若年性更年期障害の原因の多くは仕事や家庭のストレスや過度なダイエット、不規則な生活によってホルモンバランスが崩れることにあります。

ホルモンのバランスが崩れることで、自律神経に乱れが生じ心身共にさまざまな症状を発症するのです。

また、急激なダイエットによって通常よりも閉経が早まってしまう「早期閉経」も若年性更年期障害の原因となります。

まずはいつもと違う不調を感じたら早めに婦人科などで検査をおこない、自分の不調の原因を調べましょう。

若年性更年期障害の原因が「早期閉経」である場合、閉経後に出てくる病気に備えてホルモン補充療法などの治療が必要となります。

また、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れが原因である場合も自分の症状に合わせてホルモンの補充を行ったり、漢方などを用いて症状を緩和する事が可能です。

ストレスや不規則な生活習慣によってホルモンバランスが崩れている場合、ストレスの原因を改善したり、生活習慣を見直して規則正しい生活、十分な睡眠をとる事で症状が改善し若年性更年期障害が治る場合も有りますので、まずは生活習慣を見直しましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事