若年性更年期障害の原因とは!?

若年性更年期障害とは、一般的には40代から50代の女性の多くみられる更年期障害が20代や30代で起こってしまう場合を言います。

ここ数年この様なケースが増えており、若い女性が婦人科で更年期障害の治療を行っています。

主な症状は、更年期障害と同じような顔のほてりや手足の冷え、イライラ感や意欲の低下、更には動悸や息切れなど若い人には起こりにくい症状も発症します。

若い世代に更年期障害起こってしまう原因は、生理不順や生活習慣の乱れ、喫煙やダイエット、また仕事などによる極度なストレスによってホルモンバランスが乱れることにあります。

若い女性は寒い季節であってもおしゃれだからと言って、露出の多い服を着たりすることで体が冷えてしまったり、またそのような服を着る為に無理なダイエットをすることも原因と言われています。

また、女性でも仕事や家庭、育児などによって様々なストレスを抱えているかたが多くいます。

このストレスが若年性更年期障害を引き起こす事も少なく有りません。

若年性更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因であり、ホルモンバランスが崩れる原因に卵巣の機能が衰えてしまった「早発閉経」や短期間に月経が無くなってしまう「続発性無月経」などの病気である場合もあります。

少しでもいつもと違う不調を感じたら、早めに婦人科などで治療を行わないと不妊症になる可能性もあるため注意が必要です。

しかし、卵巣機能やホルモンの量には問題がないのに、ホルモン分泌がスムーズに行われていない場合は、まず自分の生活を見直し仕事などでストレスを貯めないよう工夫をすることで症状が改善して行きます。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事