更年期障害の症状女性30代の検査についてお役立ち情報はこちら

まだまだ若いと思っている30代ですが、なんとなく体調がすぐれなかったり、疲れが取れない、顔がほてるなどと言った症状を感じる方も少なく有りません。

この様な症状は更年期障害に多い症状であり、年齢に関係なく婦人科を受診する女性が増えています。

女性の卵巣は女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンやプロゲステロンを分泌させ、排卵や妊娠などの生殖機能の他にも、身体機能のバランスを保っている大切な器官です。

しかし、ダイエットによる体脂肪の減少や仕事のストレス、また更年期への移行などが原因となって卵巣機能が低下してしまい、30代と言う若い年齢で有っても女性ホルモンが減少することが知られています。

また、女性の平均閉経年齢は50歳と言われていますが、30代後半から卵巣機能が低下し始めます。このため30代で有っても更年期に似た症状を感じる女性が増えているのです。この若い年齢で感じる更年期を「プレ更年期」と呼んでいます。

まだ若いからと言って、感じている不調をそのまま放置してしまう女性も少なく有りません。その事によって月経不順や不妊などを引き起こしてしまう場合もあるため、自分の不調が更年期であるかどうかの検査は必要になります。

更年期障害を診断するための検査方法には、血液検査、内診、心理検査などがあります。

血液検査では血液中のホルモンを検査することで、卵巣機能の低下などを調べる事が可能です。

また、心理検査では、心の健康度や性格、物事の考え方、行動の傾向や能力などを調べ、更年期による精神的な問題がないかどうかを判断します。専門医による心理検査によってストレスなどの原因を特定し、原因となっているストレスの軽減を行う事で更年期障害の症状を改善する事が可能です。

 

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事