更年期障害の症状女性30代-頭痛の症状原因対策アドバイス

最近、頻繁にイライラしたり、頭痛やめまい、肩こりなどに悩まされていませんか?

もしかしたらその症状は「プレ更年期」かも知れません。

自分はまだ若いから大丈夫と思っている30代の女性でも、更年期障害のような症状を発症する人は少なく有りません。

「プレ更年期」とはストレスや行き過ぎたダイエットや過剰な運動、不規則な生活等が原因で脳の働きが鈍り卵巣機能の低下によって、女性ホルモンの分泌が減少する事で更年期に似た症状が出る事を言います。

「プレ更年期」は、病気などが原因で卵巣そのものの働きが低下しているか、卵巣の働きは正常ですが、ストレスなどでホルモンのバランスが乱れてしまっているか、このどちらかが原因で発症します。

どちらにせよ、更年期障害と同じような症状が現れ、よく見られる症状に頭痛があります。

一般的な頭痛とは異なり、更年期の頭痛は発症する頻度が頻繁で有ることと、痛み始めると長時間続く事が特徴です。

また、頭痛の感じ方も様々で、ずしんと重たい感じの痛みが1日中継続したり、起きている事が困難になるくらい酷い痛みが続く場合も有ります。

「プレ更年期」で有っても原因は女性ホルモンの減少による自律神経の乱れにあります。

自律神経が乱れると、交換神経と副交感神経の動きが正常ではなくなり、その事によって血管が収縮し、頭痛や肩こりと言った症状が出るのです。更年期の頭痛は鎮痛剤などが効きませんので、まずは自律神経を正常な状態に戻す事が大切です。

薬によって自律神経の乱れを整える事も出来ますが、自分の生活習慣を見直す事も必要です。

出来るだけ仕事や家事の負担を少なくし、ストレスが溜まらないようにゆったりと過ごせる時間を確保するだけでも、頭痛を緩和する事ができるでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事