更年期障害の症状女性30代の治療についてのお役立ち情報

今30代の女性において、更年期障害と同じ症状を感じる人が増えています。

若い頃から過剰なダイエットやストレスが原因となって、プレ更年期障害になる人は少なく有りません。

本来、更年期とは閉経の前後10年間、平均的には45歳から55歳までと言われています。

歳を取る事によって卵巣の機能が衰えて行き、女性ホルモンの成分であるエストロゲンの分泌が低下し、自律神経のバランスが崩れてしまう事で更年期障害が発症します。

30代の女性はまだ卵巣機能は安定しているはずなのに、このような更年期障害の症状が現れてしまうのは、ホルモンをコントロールしている脳の視床下部がうまく働いていない事が原因です。

視床下部は自律神経のコントロールしており、ホルモンと自律神経は深く影響し合っています。

そのため、ストレスやダイエット、過労や睡眠不足などによって自律神経のバランスが乱れてしまうと、ホルモンの分泌にも影響を及ぼしてしまうのです。

若い年代のプレ更年期は、自律神経の乱れによって女性ホルモンの分泌が減少して起こる症状で有り、卵巣機能自体は衰えていないのが普通なのです。

しかし、更年期障害の症状は若い人でも辛く、日常生活に支障が出る事も少なく有りません。

なんだか体の調子が悪いとか最近イライラするなと感じたら、なるべく早く婦人科などに行き、検査を受けることが大切です。

検査によって不調の原因が更年期障害で有る事が判明したら、適切な治療を受ける事をお勧めします。

卵巣機能の低下によってホルモンのバランスが乱れている場合は足りていないホルモンを補充するホルモン補充療法やホルモンの分泌を促す薬を使っての治療があります。

また、毎日の生活習慣を見直し規則正しい生活を送りながら、ストレスをためない事を心がけるようにしましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事