更年期障害の症状女性30代-病院での治療についての情報

女性は40代の後半から50代にかけて、卵巣機能の低下によって更年期と言われる時期に入ります。

更年期では女性ホルモンが減少し、自律神経のバランスが乱れることによって心身共にさまざまな不調を感じます。これを更年期障害と言います。

しかし、最近では30代とまだまだ若い世代でも更年期障害のような症状に悩まされている人がいます。

過剰なダイエットやストレスによって卵巣機能が低下し、まだまだ若い年齢であっても更年期障害と同じような症状を発症する事が知られています。これを「プレ更年期」と呼んでいます。

「プレ更年期」には卵巣機能が死んでしまい、若い年齢で有っても閉経してしまう「早期閉経」と卵巣機能は衰えていないのにストレスや疲労、不規則な生活などで自律神経のバランスが崩れてしまって起こる更年期のような症状と大きく2つに分ける事ができます。

まずは婦人科など専門の病院で早発閉経で有るかどうかを調べてみると良いでしょう。早期閉経は血液検査だけで調べる事ができます。

もし本当に早発閉経であるなら、足りていないホルモンを補充する治療法があります。

早発閉経ではなく、更年期のような症状が出ているだけで卵巣機能は正常であれば、規則正しい生活とリラックスできる環境を整えることで改善する事ができます。

最近は婦人科だけではなく「更年期障害専用外来」を設置している病院も増えています。

若い時は自分の不調が更年期であると思わない場合が多く有り、最初に内科や精神科を受診する人も少なく有りません。

ただ、検査をしても何も異常がない場合が多く、原因不明の不調と思われがちです。

もしイライラ感や頭痛、不眠など更年期かもと思われる症状を感じた場合、まずは婦人科や更年期障害専用外来での検査をお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事