更年期障害の症状女性30代-薬での治療アドバイス

更年期障害の原因は女性ホルモンの急激な減少に有ります。

多くの女性は閉経が近づく事で卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌が少なくなります。

しかし、若い年齢の方でも何らかの原因で女性ホルモンが減少すると更年期障害と同じような症状が起きてしまうのです。

人間の体はストレスや睡眠不足、無理なダイエットなどを繰り返してしまうと生理の周期が乱れてしまったり、胃腸の調子が悪くなってしまいます。

そのような症状を感じていてもただの体調不良だと思って放置しておくとホルモンバランスが崩れ、自律神経にも乱れが出てしまい、若い人でも更年期障害になってしまうのです。

30代の女性の更年期障害の多くは卵巣の機能には問題がないのに、ストレスなどでホルモンのバランスが一時的に崩れて起きる事が多いのです。

この若い年代での更年期障害を「プレ更年期」とも呼んでいます。

「プレ更年期」の主な症状は「ほてり」や「発汗」、「イライラ感」・「不安感」他にも「不眠」などが挙げられます。

まずはこの様な症状を頻繁に感じるようであれば婦人科などで血液検査を行い女性ホルモンの量を調べてもらい、ホルモンの量に異常がないか見てもらいましょう。

多くの場合、卵巣には異常がないため、生活習慣を見直しバランスのとれた食事を取るなどをして、徐々に改善して行く事になります。

ただし、症状がひどかったり長引いている場合はホルモンの量を調整するためホルモン補充療法などでホルモン剤を摂取する事も必要になります。

他にも漢方やビタミンなどを配合した薬などを服用する事で症状が緩和する事も知られています。

更年期の薬には市販の物も多く有りますが、ほとんどは漢方薬とビタミン剤が配合されています。

出来り限り病院できちんとした検査を行ってから処方される薬を服用する事をお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事