更年期障害の症状女性30代-イライラ 原因対策改善アドバイス

一般的に更年期障害とは、閉経が近づき月経が不順になり始める頃に起こる体や心の不調の事を言います。

発症期間としては、閉経の前後約10年間と言われていますので45歳から55歳までに何からの不調を感じる方が多いようです。

しかし、30代の女性でも更年期障害のような不調を感じる方がいます。

この場合40歳以下でも閉経してしまう「早発閉経」で有る可能性が考えられます。

「早発閉経」とは「卵巣の機能が死んでしまう」事を意味し、遺伝や病気によって起こる場合と無理なダイエットや過度なストレスや疲労などによって起こってしまう場合があります。

「早発閉経」であるかどうかは血液検査で調べる事が出来ます。もし「早発閉経」の場合は加齢による更年期障害と同じような治療が必要となります。

「早発閉経」でなかった場合は、ストレスやダイエットなどで月経不順となってホルモンバランスが崩れてしまう「若年性更年期障害」である可能性が高く、卵巣機能は正常なのに更年期障害に似た症状を感じてしまうのです。

更年期障害には大きく分けて精神的な症状、身体的症状、自律神経系の症状と3つに分類出来ます。特に精神的な症状としてイライラしやすいうつ的な症状が出てきます。

イライラする事は更年期障害特有の症状ですが、自分が更年期である事を自覚していない場合、イライラ感やうつ症状の原因が分からず、その事が更なるストレスとなって症状を悪化させる事になります。

いつもイライラしてしまう、普段に比べて体調が悪いなど今までと違うと感じたら早めに婦人科などで検査をする事をお勧めします。

検査をすることで30代でも更年期障害の症状が現れている事が分かり、「早発閉経」か「若年性更年期障害」で有るかを判断する事ができます。原因をしっかりと把握し、医師と相談しながら自分の体調に合った治療を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事