更年期障害の症状-女性30代チェック情報はこちら!

30代と若い女性において更年期障害に似たような症状を感じる方がいます。

一般的に更年期とは閉経の前後10年間と言われていますので、更年期障害も40代から50代の女性に多くみられる症状です。

まだ、更年期には早い30代の女性が一見更年期障害と同じような症状を発症してしまう事を「プレ更年期」と呼んでいます。

しかし、なんだか体や心に不調を感じていても自分が更年期であるとは思わず、そのまま放置してしまう方も多くいます。

適切な治療を行わず放置しておくと月経が止まってしまったり、不妊症になってしまったりと多くの弊害を引き起こす可能性がありますので、早めに治療を受けることが必要です。

「プレ更年期」の起こる原因は「ホルモンバランスの崩れ」に有ります。

ストレスや過度なダイエットによって女性ホルモンが減少し、自律神経の働きにも乱れが起きてしまうことで更年期障害と同じような症状を発症してしまうのです。

今までとは違う不調を感じた場合、更年期の予兆であるかどうかチェックを行ってみましょう。

もし、確実に自覚している症状が半分以上有る場合は、婦人科などで検査を行い、診断を受ける事をお勧めします。

<30代 更年期の主な予兆>

  • 月経の量が減る
  • 涙もろくなってきた
  • 肌が乾燥気味
  • 些細なことでもイライラして、怒りやすくなった
  • 上半身、特に首から上に汗をかきやすい
  • 頭痛や肩こりがある
  • 体がだるくなって疲れやすい
  • 爪が割れやすくなった

 

この様な症状を少しでも感じた段階で生活パターンを見直し、体の状態をチェックしながら対策を行うことで、本来の更年期も比較的軽い症状で乗り切ることができる可能性があります。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事