更年期障害の症状女性30代-汗 原因対策改善アドバイス

30歳代で更年期障害に似た症状に悩んでいる女性が増えています。

若い年齢で感じる更年期の事を「プレ更年期」と呼ぶ事があります。この「プレ更年期」は卵巣機能の老化が原因ではなく、ストレスや自律神経のバランスの乱れにあると考えられています。

仕事による過度なストレスや必要以上のダイエット、睡眠不足などによってホルモンのバランスが崩れ、その事によって自律神経にも乱れが出てしまうのです。

この「プレ更年期」であっても更年期障害と同じように汗を書いたり、ほてったりするような症状が良く見られます。

更年期障害の症状としてかく汗は、普通とは違って滝のように大量にかくのが特徴です。また人が暑くない状況で有っても自分だけ汗をかいている事が多く、人前で恥ずかしい思いをする事も少なくありません。

汗は止めようとしても止められるものでは有りませんので、汗を拭きとれるデオドラント・シートなどを準備しておくと便利です。

また自律神経を正常に働かせることで、プレ更年期の症状が緩和します。血行を良くする事で自律神経が正常に働くと言われていますので、入浴時はゆっくり湯船につかったり、ウォーキング等の有酸素運動をする事も効果があります。

太っている人は余計に汗をかきやすなります。有酸素運動を行う事で新鮮な酸素をたっぷりと体内に送り込み脂肪が燃えやすくなりダイエット効果がありますので、健康的にやせる事が可能です。

30代の更年期障害を改善するためにはまずは生活習慣を見直し、ストレスや過労など自律神経が乱れる要因を取り除く事から始めましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事