更年期障害の症状女性40代-ピルの服用で症状が軽減&改善する!?

女性は40代前半から女性ホルモンの分泌量が減少することで、身体にいろいろな影響が出始めます。

この時期を更年期と言い、なんだかよくわからないけどいつもと違う体調に戸惑う方も多いのではないでしょうか?

この体調や精神の不調の事を更年期障害と言い、イライラ感や倦怠感などから発汗、めまい、動悸など他人には分かりづらい障害が出始めます。

更年期障害の治療には色々有りますが、40代前半の女性の場合低用量ピルを用いると効果がみられます。

この低用量ピルを服用することでホルモンバランスが安定します。

ホルモンバランスが安定することで、更年期障害の症状を軽減する事ができるのです。

しかし、ピルを使う事で逆に吐き気やめまい・体重増加など副作用がみられる場合が有ると言われていましたが、それは昔の話で有り、現在の低用量ピルについては、ほとんど副作用を心配する必要は有りません。

低用量ピルを服用して更年期障害の治療を行う場合、婦人科での受診が必要です。また年2回の血液検査が必須となりますので、定期的な受診をお勧めします。

子宮内膜症以外でのピルの使用には保険が適用されません。更年期障害の治療目的の場合は実費となりますので、お気を付けください。

女性も40代になると自分の身体の事を真剣に考える必要があります。

なんだか調子が悪いけど、疲れているだけだ なんて思わず、自分が更年期で有るかも知れないと自覚する事が必要です。

まずは自己判断せずに身体の不調を感じたらまず婦人科へ受診し、専門の先生に相談してみましょう。そのなかでピルの服用を勧められた場合、一度試してみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事