更年期障害の症状女性40代のチェックはこちらから!

女性は40代を迎えると、なんとなく身体や精神の不調を感じる事が有ります。

詳しい原因が分からず、イライラしたり倦怠感を感じ何だかおかしいと思う症状が現れてきます。この症状の多くが「更年期障害」によるものであると言われています。

更年期の期間は45歳から55歳ぐらいまでと言われていますが、正確には閉経の前後10年間です。ですので、45歳になってから更年期障害が始まる訳ではなく、40代に入ったころから更年期障害と思われる症状が現れ始めるのです。

40代の女性であれば、更年期障害が始まっている可能性が有ります。また更年期障害の症状は様々で、本人による自覚症状が中心となります。

その症状は本人にしか分からず、病名が付くような大きな病気ではない為、周囲からの理解が得られにくいものです。

なんだか身体の不調を感じているのであれば、下記のようなチェックをしてみる事で自分が更年期障害で有るかどうかが客観的に分かるでしょう。

 

<更年期障害の症状チェック>

□頭痛や肩こり、めまいが多くなった

□爪がもろくなった

□のぼせが見られる

□冷えが感じられる

□体重が増えた

□眠りが浅い

□動悸・息切れがする

□イライラする事が多くなった

□異常に汗をかくようになった

□のどが渇く

□頻尿や膀胱炎になりやすくなった

□気が短くなった

□疲労感や倦怠感が強くなった

□月経の異常がみられる(生理不順・量が多い・量が少ない・期間が短い・長いなど)

 

これらのチェックに10個以上当てはまる場合、更年期障害の疑いがありますので、適切な医師の診断をうけるかサプリ等を服用する事によって症状が軽くなるでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事