更年期障害の症状女性40代-ホットフラッシュ 対策改善アドバイス

「ホットフラッシュ」と言う言葉をご存知でしょうか?

「ホットフラッシュ」とは更年期障害のなかでも顕著に表れやすく、一般的な症状と言われています。

いきなり身体がカッとほてりだしたり、のぼせたり、顔の周りに突然大量の汗が流れたりと、事前に予測する事が出来ない厄介な特徴が有ります。

特に更年期に入り始めた40代の女性に多く、日常生活に支障をきたす場合が有ります。

このホットフラッシュは血管系の自律神経の乱れが大きな原因です。

自律神経は血管を収縮・拡張させる働きがあるのですが、主に上半身の血管を取り巻いている神経の興奮状態によって、のぼせやほてり、発汗などが起こるのです。

ホットフラッシュは気にすれば気にするほど、止まらなくなってしまいます。

自律神経の乱れが原因ですので、リラックスできる方法を見つける事で、症状を緩和させる事ができます。

無理に止めようとするのではなく、あまり気にせずゆっくりと気持ちをおちつけて見ましょう。

また、ホットフラッシュは毎日の食生活を改善する事で緩和できる症状でも有ります。

偏食気味だった40代の女性がフルーツや野菜を主に摂取し、低脂肪を心がけただけでホットフラッシュが改善されたと言う報告も有ります。

また大豆イソフラボンを積極的に食べると効果が有ります。

大豆イソフラボンは更年期に入って急激に減少してしまう女性ホルモンと似た働きをしてくれる成分があるため、たくさん摂取すると更年期障害を緩和し、ホットフラッシュも改善されると言う訳です。

大豆イソフラボンはその名の通り、味噌や豆腐、きな粉や豆乳など大豆製品に多く含まれていますので、積極的に食べるよう心がけてみてください。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事