更年期障害の症状女性40代-やる気がでない原因改善アドバイス

更年期障害と言うと、50代の女性や閉経後の女性が発症するものだと言うイメージを持っている方も多いでしょう。

しかし、更年期は閉経の前後10年間と言われていますので、40代、早ければ30代でも更年期障害の症状がみられる女性が増えてきています。

本格的に更年期を迎える手前や初期の状態の事を「プレ更年期」と表現されます。

ただ、軽いからと言ってそのままにしておくと日常生活に支障をきたす事が多くなってきますし、原因の分からないイライラ感や不安感などが積って「うつ」になってしまう場合も有ります。

更年期の症状はその人の体質や生活のスタイル、年齢によっても発症する症状が違います。

40代前半の比較的若い世代に良く見られる症状としては「やる気が起きない」と言う、無気力状態です。

40代の女性は仕事にも子育てにも一生懸命頑張っている年代です。バリバリと仕事をこなしながら、家事と育児を両立している方も多いでしょう。

しかし、今までは当たり前のように出来ていた日常の事が急に嫌になり始めたり、「なんでこんな事をしているのか?」と突然ネガティブになって落ち込んでしまうなど、やる気が起きない精神状態になってしまった場合、更年期障害の精神的な症状である可能性が高いでしょう。

やる気が起こらないのは、自分が怠けているとか、だらけているだけなどと言って、自分を責めるかも知れません。

しかし、その事がストレスとなり更に更年期障害の症状が悪化してしまいますので、まずは自分を責めず、無理にやる気を起こすのではなくリラックスした環境を作ってみてください。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事