更年期障害の症状女性40代-月経異常・月経不順 改善アドバイス

更年期が始まる時期は個人差が有りますが、日本人の閉経の平均が50歳で有ることから、45歳から55歳までとよく言われます。

40代に入ると早い人は更年期の症状が出始め、身体や心の不調を訴え始めます。これを更年期障害と言います。

40代の女性は自分がいつ閉経を迎えるのか、不安に思うかも知れません。また、閉経の徴候として最も多いのが、月経異常や月経の不順です。

月経の周期が早まったり、遅れがちになったりと今までは周期的だった月経の間隔がバラバラになったり、月経の日数も2~3日と短くなったり、逆にだらだらと2週間近くも続くようなケースも有ります。

また、月経量が増えたり減ったりして、明らかに今までとは違う異常を感じる事が多くなります。

40代に入って、月経の異常が続いたら閉経が近くなり、更年期に入ったと考えて良いでしょう。

ただし、子宮がんや子宮筋腫など下垂体の病気による月経異常である場合も有りますので、注意が必要です。

もし、月経異常と同時に顔かほてったり、発汗や多汗、などの不調や、イライラや不眠などの症状が出る場合は更年期障害であると考えて良いでしょう。

閉経が近づく事によって、卵巣の機能が衰え女性ホルモンの分泌量が減少します。

また、減少してきた女性ホルモンを以前のように分泌させようと、今度は下垂体から「卵胞刺激ホルモン(女性ホルモンの分泌を促すホルモン)」がたくさん分泌されるのです。

この2つのホルモンのバランスが崩れる事で、自律神経のバランスも崩れやすくなり、更年期障害と言われる様々な不調が出てくるのです。

まずは月経の異常を感じたら、更年期なのか他の病気なのかを確認するため婦人科の受診をお勧めします。

その後、更年期で有る事が分かったら、ホルモンのバランスを整える為の投薬治療を行ったり、低用量ピルなどを用いて症状を緩和することが可能です。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事