更年期障害の症状女性40代-汗・寝汗・多汗 改善アドバイス

女性も40代に入ると更年期障害を気にする方も多いのではないでしょうか?

更年期障害とは閉経の前後10年くらいの期間に、卵巣の機能が衰える事で女性ホルモンの分泌が急激に減少し、その事によって引き起こされる心身の不調の事を言います。

女性ホルモンの欠乏によって脳の自律神経の調節中枢機能が変化し、色々な症状が出始めます。

女性の約8割が何らかの不調を感じているようです。

更年期障害の症状の中で、多汗・発汗には注意が必要です。

急に顔だけがほてってしまい汗が噴き出たり、いつも以上に汗が出て止まらないなど、更年期の汗には特徴が有ります。

しかし、単に汗っかきだからと見逃してしまったりすると適切な更年期障害の対策ができません。

更年期に入るとちょっとしたことでも汗が出るようになります。特に上半身に汗が出やくなります。

更年期では汗腺機能が衰えてくるのですが、それと同時に体温の調整機能も低下してきます。

その為、血流が悪化し下半身だけが冷えて逆に上半身だけに汗が出てしまうのです。また、更年期の汗には特徴があり、運動で出た汗よりもベトっとしていて、匂いもキツイ傾向にあります。

また、のぼせやほてりによる発汗は昼間だけではなく、夜寝ている間でも起こる場合が有ります。その際に出る汗を寝汗と呼んでいます。

更年期の寝汗は気候に関係なく出るのが特徴で、寝汗をかくたびに目が覚めてしまい睡眠障害を起こす場合も有ります。

更年期の発汗は、ホットフラッシュや冷え性も合併する事が有ります。

これらの症状が出た場合は更年期障害を疑い、婦人科や専門医の受診をお勧めします。

また主な治療法としては、ホルモン充填法などでホルモンの減少を緩やかにし、バランスを整える方法が有ります。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事