女性40代!更年期障害の症状改善の心得とは!?

女性は40代を超えると更年期と言う言葉を聞く事が多くなります。

なんだかイライラしたり、倦怠感や疲労感などに悩んでいたり、めまい・ほてりなど良く分からない身体の不調を訴えている方も多いのではないでしょうか?

更年期とは閉経前後の10年間の時期を言い、その間に見られる身体や精神の不調を更年期障害と言っています。

更年期になると、卵巣の機能が低下して行き女性ホルモンの分泌が減少します。

この女性ホルモンの減少によって、今までには無かった身体の不調が出てくるのです。

代表的な症状としては、のぼせやほてりと言ったホットフラッシュと言われる物や、やる気が起きないとか、なんだか疲れると言った精神的な症状も見られます。

更年期障害の症状は、人によって軽かったり、重かったりしますので、深刻だと感じるほどの症状がないことが多いため、自然に任せて治そうとする方も多いのです。

更に、40代の比較的若い世代は自分が更年期で有ると言う自覚さえない為、身体の不調を自分が怠けているせいだと思い、自分を責める人もいます。

しかし、更年期はそのままにしておいても改善はしませんので、何かしらの治療や改善の方法を見つける事が必要です。

まずは身体的な症状を改善するためにホルモンのバランスを整える事が大切です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た成分を含んでいるため効果的です。

また、ホルモン補充療法などと言った医薬的な治療も考えて良いのではないでしょうか。

他にも精神的な症状の改善には、イライラしたらリラックスできる方法を探してみたり、倦怠感や疲労感を感じた時などは仮眠を取ったりと、何よりも無理をしない事が大切です。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事