更年期障害の症状女性40代-関節痛 原因対策改善アドバイス

日本の女性が閉経を迎える年齢は50歳から51歳ぐらいで有ると言われており、一般的には閉経の前後10年間を更年期と呼んでいます。

しかし、閉経の年齢には個人差がありますので、40代前半から更年期が始まるかたもいらっしゃいます。

更年期に入る事により、卵巣の機能が低下し女性ホルモンの分泌が減少します。

その事によりホルモンのバランスが崩れ心身共に様々な不調が出てきます。これを更年期障害と言っています。

更年期障害の良く有る症状として、「イライラ感」「不安感」などの精神的なものと「めまい」「発汗」「のぼせ」などの身体的な物が有ります。

他にも「関節痛」や「筋肉痛」など痛みを伴うものも少なく有りません。

女性ホルモンの成分である「エストロゲン」には潤滑油のような働きがあり、このエストロゲンの分泌が徐々に減ることによって関節がスムーズに動かなくなってしまうのです。

このため関節痛などが起こってしまうのです。

関節は骨と骨とのつなぎ目にありますので、関節に障害が出てしまうと歩く事が困難になったり、階段の上り下りができなくなったりと、日常生活にも影響が出てしまいます。

更年期障害による関節痛を防ぐためには、大豆イソフラボンなど女性ホルモンの代わりとなる成分を摂取する事が効果的です。

しかし、どうしても関節の痛みが取れない場合は専門医に相談し、適切な治療を受ける事が大切です。

更年期障害の原因となっているホルモンを補う事ができるホルモン補充療法や、関節のつなぎ目をスムーズに動かすためのヒアルロン酸などを補う等、さまざまな側面から治療を行う事で関節痛を改善できるでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事