更年期障害の症状女性40代-漢方で副作用のない治療改善を目指す!

女性の方は更年期障害について、色々とご存知だと思います。

しかし、比較的若い40代前半にも更年期障害が起こる可能性が有ります。これをプレ更年期障害と言い、あまり知られていないのが現状です。

一般的に更年期とは閉経の前後10年のこと差し、多くが45歳から55歳ぐらいまでの時期で有ると言われています。

しかし、30代後半から40代前半ぐらいまでの間でも更年期障害と思われる症状が起こり始める方も少なくないのです。これをプレ更年期障害と呼んでいます。

比較的若い40代で有っても、イライラしたりくよくよしたりと精神的に落ち込んだり、汗が急に出たり、体がほてったりと自分ではコントロールできない症状が出始めます。

特にまだ、仕事や子育てに一生懸命になっている時期でもあるので、自分の不調を持て余し、よけいに症状が悪化するケースもあるのです。

この様な更年期特有の症状を緩和するためには、更年期障害の原因ともなっている女性ホルモンの減少を緩やかにするホルモン充填治療法なども有りますが、まだ比較的症状が軽い場合はホルモンの減少による自律神経の乱れを直す働きを持つ、漢方などを服用した方が身体にも負担が少なくて済みます。

また、血流の乱れによって引き起こされる障害も有りますので、鉄分や葉酸、亜鉛などを補給することで改善される場合も有ります。

漢方であれば副作用もなく、安心して服用する事ができます。

主な漢方として田七人参という高麗人参の何倍もサポニンが含まれている錠剤などが有効です。

まずは、心身の不調をそのままにせず、更年期障害かも知れないと考え、身体に負担が少ない方法で治療を行ってみてください。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事