更年期障害の症状女性40代-薬での更年期症状の治療について

40代に入ると、女性は更年期障害に悩まされる事が増えてきます。

更年期の典型的な症状として、情緒不安定やうつ気味など精神的な要素が大きく現れる他、血圧の激しい上下や腹痛、微熱などといった身体面の症状も出てきます。

更年期とは閉経の前後10年間の事を良い、この時期は卵巣の機能が低下する事によって女性ホルモンが急激に減少します。

ホルモンの分泌が減少する事によってホルモンバランスが乱れてしまい、自律神経の調整が上手く行かなくなります。このことで精神や身体に不調を感じてしまうのです。また人によって症状や重さが違う事も更年期障害の特徴です。

更年期障害の治療にはホルモン補充療法などがあります。飲み薬や貼り薬によってホルモン不足を体外から補充する方法です。

効果が高い半面、リスクも高く、頭痛や嘔吐、むくみや腹痛などの副作用がある事も知られています。

また、症状が軽い場合はホルモン補充療法ではなくサプリメントや漢方薬などが使用されます。

速効性はありませんが、より安全で健康的な治療ができます。

女性ホルモンの分泌を促進するビタミンB6やB3、ビタミンEやマンガンと言った成分が効果的です。

また、自律神経を調節する効果を持っているローヤルゼリーなども更年期障害に効果的な成分として知られています。

ホルモン補充療法は効果的ではありますが、副作用があることで身体にも負担をかけてしまいます。

サプリメントや漢方を上手く利用して、身体に優しい治療をお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事