更年期障害の症状女性40代-イライラの原因対策改善アドバイス

女性は40代を迎えると、なんだかイライラしたり、身体が急に暑くなったりと色々な変調が見られるようになります。これらの原因の多くが更年期障害と言われるものになります。

更年期とはおおよそ45歳から55歳頃までの事を言いますが、急に更年期になるわけでは有りません。

女性は卵巣から卵胞ホルモンを分泌しているのですが、40代を越えると卵巣機能が低下し、卵胞ホルモンの分泌量が減少して行きます。

卵胞ホルモンは「エストロゲン」というホルモンで、精神安定に作用する働きを持っています。卵胞ホルモンが減少するとちょっとしたことでも気に障ったり、カンシャクを起したりするのです。

これが更年期障害のイライラの原因となっています。

更年期障害は専門院で治療をする事ができるようになってきました。

治療の際、このエストロゲン補充する事が行われています。しかし、子宮がんや乳がんの発生リスクを高めてしまう事が分かっており、治療を拒否する方も少なくは有りません。

イライラする事は更年期特有のものであり、仕方のない事でも有るのです。また女性であれば誰でも更年期を迎える物なのです。

だからこそ、更年期障害のイライラを無理に抑えようとするわけではなく、ホルモンの減少から来るものだと理解して、イライラする感情を上手く流すような方法を身に付けた方が良いのかも知れません。

また、家族やパートナーがきちんと理解し、サポートをする事も大事になります。家族が団結し支え合って行く事で、イライラ感が少なくなり、リラックスできる環境を作る事ができます。

まずはイライラの原因をしっかりと理解し、リラックスできる方法を見つけながら落ち着いた生活を心がけるようにしてください。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事