更年期障害の症状女性40代-かゆみの原因対策改善アドバイス

40代を迎えると周りで更年期と言う言葉を良く聞くようになってきます。

更年期とは女性が閉経を迎える前ぐらいから卵胞ホルモンの低下によって、身体や精神の不調を感じる時期の事を言います。

また、更年期の時期のイライラや不安感、動悸や息切れ、めまいなどの症状を更年期障害と言っています。

更年期障害は40歳を過ぎた頃から徐々に現れはじめますが、なんとなく不調を感じるけど何が原因か分からず、治療もせずにそのままにしている方も多いと思います。

更年期障害の主な原因は卵胞ホルモンの急激な低下によるものです。

卵胞ホルモンはエストロゲンと呼ばれており、このホルモンが閉経や無理なダイエット、偏食などによって低下する事によって、様々な不調が現れてきます。

ただ、この卵胞ホルモンの低下は目に見える物ではなく、身体の不調もなんとなく辛いと言った感じで有るため、周りの人からはなかなか理解してもらえません。

歳のせいで怠けていると思われてしまい、余計に辛い思いをする事が有ります。

また、更年期に入り身体に不調が現れると、食べ物などが合わなくなり、じんましんや湿疹などが出やすくなる場合が有ります。

更年期とジンマシンの関係がはっきりと分かっている訳では有りませんが、いつもだったら大丈夫な食材が合わなくなる場合も有りますので、身体にかゆみを覚えたら、何を食べたのかを記録しておくと良いでしょう。

更年期になると皮膚が老化し、エストロゲンの減少によってシミやしわ、乾燥肌等、肌のトラブルが起こりやすくなります。

エストロゲンの減少によってコラーゲンの量が減り、その事によって皮膚の弾力が失われ、肌が乾燥しかゆみなどを引き起こす場合も有ります。

まずは、うるおいを保つ化粧品などを使用し、肌の乾燥を抑えてみてください。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事