更年期障害の症状女性40代-肩こりの症状 対策改善アドバイス

更年期は閉経とともに起こる、女性が避けて通れない時期を指します。

早い人は40代前半から更年期に入り、更年期障害と言われる多彩な症状を伴います。

更年期障害とは卵巣の働きが低下して、女性ホルモン(とくにエストロゲン)が少なくなり、やがて枯渇する事によって起きる心身の不調の事です。

症状の程度には個人差が有りますが、病気によって卵巣や子宮を摘出した場合など、もっと早い時期に更年期障害と同じような症状が起こることが有ります。

更年期障害の中で良く見られる症状として、のぼせやほてり、発汗・多汗など「ホットフラッシュ」で有ったり、イライラ感、疲労感、倦怠感などの精神の不調も良く見られます。

その中で日本人に多い症状として肩こりが有ります。更年期障害で起こる肩こりの起因は閉経間近になる事で、女性ホルモンのエストロゲンが減少し、エストロゲンが欠乏する事によって筋肉や局所の血液循環に悪影響を与えます。

血流が低下したことで筋肉に酸素や栄養が行きとどかず硬くなり、肩こりを感じるのです。

更年期のストレスや不眠や不安感などは自律神経に直接的に結びついています。この様な状態では、筋肉は常に緊張して硬くなり、肩こりが起きやすくなります。

更年期の治療として抗不安薬や自律神経調整薬などを処方すると、更年期症状だけでなく、肩こりも良くなるようです。やはり自律神経と肩こりには何からかの関与があるようです。

しかし、更年期障害の治療を行っても肩こりが改善しなかったり、更年期特有ののぼせやほてり・発汗などの症状が無い場合は更年期障害以外の疾患を考慮した方が良いでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事