更年期障害の症状女性40代-高血圧の症状対策改善アドバイス

女性は40代から50代で多くの方が更年期障害を経験します。

更年期障害とは更年期と言われる時期(閉経の前後10年間)に起こる、身体及び精神の不調の事を言います。

更年期に入ると、女性は卵巣の機能が低下します。その事によって女性ホルモンが減少しホルモンバランスが乱れてしまいます。

このホルモンバランスの乱れによって、自律神経の乱れも伴いさまざまな更年期障害の症状が出てくるのです。

更年期障害の主な症状として「のぼせ」や「ほてり」、「発汗」や「多汗」などホットフラッシュと言われる物や、「イライラ感」「不安感」「疲労感」など精神的な症状も多く見られます。

その中で「高血圧」も更年期障害の1つと言われています。血圧があがるような食事や行動を取っていないにも関わらず、高血圧になってしまったと言う経験がある方は更年期障害が原因ではないでしょうか。

更年期に入るとなぜ、血圧が上がってしまうのでしょう?

それには女性ホルモンが大きく関わっていると言われています。

更年期は女性ホルモンが減少して行く時期です。この不足している女性ホルモンを補うために、脳は過剰に女性ホルモンを分泌させようとします。女性ホルモンは自律神経にも深くかかわっている為、いきなり分泌量を上げようとすると自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

自律神経は自分の意識ではコントロールできない身体の機能をコントロールしており、血圧もその一つです。その為、自律神経の乱れが原因で高血圧になってしまう事が多いのです。

高血圧になった事で体調を不安に思うと、そのストレスから更に血圧が上がってしまうと言う悪循環を招く事になってしまいます。

更年期の症状は自律神経の乱れで有ると割り切り、リラックスして毎日を過ごすようにしてください。

もし、高血圧により身体に不調を感じた場合は、医師に相談される事をお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事