更年期障害の症状女性40代-出血の原因 対策改善アドバイス

更年期障害の症状は人によってそれぞれですが、実に多様な症状が身体や精神に発症してもおかしく有りません。

女性は40代に入った頃からなんとなく体調に変化が出てきますが、それらの多くが更年期障害である可能性も高いのです。

更年期障害の症状として多くは熱くなったとか、かゆみがあるとか、それほど病気の症状としては重症にみえない物がほとんどです。

しかし、女性の場合出血を伴う場合があります。女性はもともと生理があり毎月出血しますのでそれほど重症に思う事は有りませんが、更年期に入ると生理とは別に出血するという症状が出ることが有ります。

女性の更年期とは卵巣の機能が低下する事により、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が減少して行く時期の事を言い、エストロゲンが減っていく事によってホルモンバランスが崩れ、体の状態が変化する事で色々な障害が発生し、多くの症状となって現れます。これを更年期障害と言います。

エストロゲンは子宮内膜に大きな影響があるため、エストロゲンの分泌が減少していくと生理不順などの症状が出始めます。

生理でもないのに子宮内膜がはがれて出血を起こす場合も有ります。これが不正出血です。

不正出血はエストロゲンが不安定になると発症するため、更年期障害の症状の一つと言う事ができます。

40代で不正出血が起こった場合、更年期障害を疑っても良いでしょう。ただし、全ての出血が更年期障害が原因と言う訳では有りませんので、出血が長引いたり、出血の量が多い場合などは子宮がんや子宮筋腫なども考えられます。

更年期障害だと思い込まず、しっかりとした医師の診断を受ける事をお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事