更年期障害の症状女性40代-暑い!汗が凄い!改善アドバイス

40代の女性の多くが感じる更年期障害の症状として、とにかく「暑い」という症状を訴える方がいます。

この暑さは「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状で、暑さの他にも「ほてり」や「発汗」などを伴います。

ホットフラッシュは自律神経の乱れによって起こる症状ですが、体温の調節が困難になることで、とにかく暑くて汗が止まらないという状態になってしまう方が多いようです。

更年期障害の症状は個人差が有りますが、酷い人になると少しの家事や散歩でも大量の汗をかいてしまい、暑くてたまらないという人も実際にいます。

また、突然何の前触れもなく起きる人もいれば、毎日同じ時間に症状が出る人など、さまざまです。冬の寒い日でも暑くなってしまい汗が噴き出ると言う方もいらっしゃいます。

このホットフラッシュは血管系の自律神経の乱れが原因です。

自律神経は血管を収縮・拡張させる働きがあり、主に上半身の血管を取り巻いている神経の興奮状態によって「のぼせ」や「ほてり」「発汗」などが起こり、暑さを感じてしまうのです。

暑いなと意識した途端に体中が一気に暑くなり、自分で体温調整ができなくなってしまうのです。

更年期障害とは、女性ホルモンの減少によってホルモンバランスが崩れてしまう事で起こる体や精神の不調の事ですが、このホルモンバランスの乱れによって自律神経も乱れてしまい、ほてりや発汗などのホットフラッシュと呼ばれる症状を引き起こしてしまうのです。

この暑さや発汗などは、気にすれば気にする程、止まらなくなってしまいます。

暑さは自律神経の乱れで有ると割り切って、リラックスできる方法を見つける事で症状が緩和されます。

無理に止めようとするのではなく、気にし過ぎないように生活する事が大切です。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事