更年期障害の症状女性40代-吐き気の原因対策改善アドバイス

40代に入った女性は更年期障害特有の症状に悩まされることが多くなります。

特に原因が分からない吐き気や、暑くないのに汗をかいたり体がほてったり、手足のしびれが続いたりする体の不調から、急にイライラしたり不安になったりと精神的な不調まで、これらは更年期障害特有の症状と言えます。

更年期障害の中でも吐き気がおさまらないとか、おう吐を繰り返すなどの症状が良く見られます。

何か悪い物を食べたりしたわけでもないのに、突然吐き気がしておう吐してしまい、またその吐き気が突然だったり頻繁に襲ってくるため、日常生活に支障が出る方もいます。

更年期の吐き気はやはり女性ホルモンの減少によって引き起こされます。女性ホルモンは体のあらゆる器官に関わっており、ホルモンバランスが崩れるだけで体の不調としてさまざまな症状が現れるのです。

吐き気だけの場合であれば、風邪や食あたりで有る可能性も有りますが、ほてりや発汗など他の更年期障害の症状が出ているようであれば、更年期障害の一つであると考えて良いでしょう。

また原因不明の吐き気が長期間続く場合も更年期障害と言えます。

しかし、更年期だと思ってそのままにしていたら、胃腸の疾患であったと言う場合も有りますので、一度は更年期外来や婦人科などで専門医の診断を受ける事をお勧めします。

更年期であっても吐き気が酷くなるような場合は内科で胃カメラなどの受診を行い、原因を特定する事も必要でしょう。

40代だから更年期だろうと考えてそのままにしておくことが無いよう、しっかりとした診断を受けるようにしてください。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事